子どもも産まないし、結婚もしない。世間の普通から外れることにした

結婚して、子どもを産んで、家を建てて定年まで働いて……

っていうのが多分、世間一般の普通で。それに沿っていないと、「あの人は何か問題があるのかもしれない」なんて言われてしまう世の中らしいです。嫌だねえ。

この度、そんな普通を捨てることにしました。

子どもは産まない。だから結婚もしない。

仕事もある程度でいいし、できるなら最期まで一人で生きていきたい。

目次

子どもを産めるほどの覚悟はないと気づいた

私にとって人生って、「懲役80年」なんですよ。ツイッターで流れてきたのを見て、まさに!と思って。

「人生って楽しい」「生きてればいいことあるよ」なんて、子どもに向かって……多分言えないと思うんですよね。

そんなところに産み落として、幸せに育ててあげられる気がしなくて。

子どもには色んな可能性を見せてあげたいんですよ。やりたいことはやらせたいし、行きたい場所には連れて行きたい。そうやって色んな経験から、自分の道を見つけてほしいんです。

けれどそうするには、お金も時間も必要で。

でも私は、自分のことで手一杯。

お金よりも時間がほしくて、パートで働いて。大した希望もないこの人生を、いかに波風を立てず穏やかに生きられるかに心血を注いでいます。

一人だからこそできるこの生き方も、自分以外の命に責任を持つ立場になったら、そうも言ってられないでしょう。

もしね、お金が湧いて出るような、そんなことがあれば全然育てられると思うの。子ども大好きだし。

けどそんなのは、現実的じゃないから。

幸せに育ててあげられる気がしない。子どもが死ぬまでの責任は、もってあげられない。

私には、子どもを産めるほどの覚悟はないと気づいてしまいました。

子どもを産まないならきっと、一人の方がいい

子どもを産む気がないから、相手になる人に申し訳ない。だから結婚しない。それが一番大きな理由ではあるけれど、そもそも私自身、一人でいることがすごく楽なんですよね。

誰かと話したいと思うことが、そんなにないというか。

18で社会に出てから、ありがたいことにそれなりにお付き合いもしてきました。楽しい思い出も嫌な思い出も、たくさんできましたね。思い出したくないこともね。

圧倒的に、独り身の今が楽すぎて。

連絡をとる必要もないし、休日は全部自分のために使えるし、出費もなくなるし。

なくなった分の出費を自分に回せるっていうのが最高。……って思ってしまう時点で、誰かと頻繁に会うような生き方は向いてなかったんでしょうね。

たまに友達と会えれば、それで十分かな。

そう決めたら、なんだか楽になった

自分自身に、プレッシャーをかけていたんだと思います。

結婚しないといけない、子どもを産まないといけない、誰かと幸せに生きないといけない……

そんな思い込みが、全部肩から下りて。

そうしたらなんだか、「生きなきゃいけない」という気持ちが減って、すごく楽になりました。あ、人生ってもっと軽く考えていいんだー、みたいな。死ぬなら死んでもいいやー、くらいの。

楽ですよー、「親に孫の顔見せてあげないと」っていう呪縛から解かれたら。笑

あとは、結婚なり出産なりって、なんとなく考えることはできても結局未知の領域じゃないですか。経験しない限り。

そこに対する漠然とした不安……私の場合は、お金の不安。それを考えずに一人で生きるシミュレーションだけしておけばいいので、その面でもすごく楽になりました。

先のことはわからないけれど、「なんとなく想像がつく」っていうのは、ものすごい安心感だなと感じています。

仕事だって、ある程度でいい

そうなってくると今度は仕事。

今までは「正社員でフルタイム働く」というのが当たり前だと思っていました。

できるだけお金を稼いで、趣味娯楽にお金を使って、貯められるだけ貯める。それが普通。

けれど先日、パートを始めまして。

関連記事:25歳。紆余曲折して、パートで働くことを選びました

「あれ、一人ならこのお給料で全然やってけるじゃん……?」って気づいてしまったんですよね。「将来的にも、なんとかなりそうだな……」って。まあそれには、ミニマリズムを取り入れた影響もなかなか大きいんだけど。

関連記事:物を減らし始めたら、生活がすごくシンプルになってきた気がする

そうしたら、普通に働いている人よりも、圧倒的に時間が増えて。

うわ、こっちの方がいい!って思いました。

言うなれば、自分にとっての「足る」を知った感じでしょうか。世間から見たら少ない給料。けれど、十分な時間。私いま、すごく楽です。

とは言っても

今はアラサーでこんなことを考えていますが、いざ30に乗ったらもしかすると「子どもほしい!」「お金ほしい!」なんて思い始めるかもしれません。先のことなんて誰にもわからないからね。

そんときゃあそんときです。

ただそうなったときに思いたくないのは、今に対する後悔。「あの時から動いていればもう子どもいたかもしれないのに……」とか。今はとっても生きやすいのに、歳を重ねてから後悔するなんてしんどすぎる。笑

ただ……自分自身すごく納得して「普通を捨てる」ことを選んだので、後悔することはないような気がします。

ないといいな……(願望)

ということで

私は自分の生きやすさを追い求めて、普通を捨てることにしました。

生き方を決めるって、何かきっかけがない限り難しいと思うんですよね。私の場合は「転職先でうまくいかなかったこと」で、だからこそこういう、一人で生きる方向に走ったと思うんですが。

関連記事:【短期離職】職歴めちゃくちゃな人が、さらに職歴をめちゃくちゃにしたよ

でも生き方を決めると、あやふやだったものに一本筋が通ったような気がします。

ということなので私はこれから、一人でゆるく生きる女としてやっていきたいと思います。

以上です!

\ ポチッとお願いします! /


シンプルライフ家計管理・貯蓄ヲタク生活


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる