毎月の家計簿ルーティンについて。マネーフォワードMEとエクセル家計簿が最強卍

こんにちは、少ない手取りでも資産形成は諦めたくありません、つくだにです。40歳で1,000万、60歳で2,000万という、数字だけ見ると気が遠くなりそうな目標を立てています☺

老後は一切働かずに生きたい(大声)

そこで今回の記事では、私の毎月の家計簿ルーティンについてお話させていただきます!

なお私の家計管理では、

を使用しています。

現金を封筒などで管理している方をYouTubeで見てから「やりたい!」と思って憧れてたんですが、残念ながら私には向いてませんでした😇笑

ということで、デジタル管理を考えている方の参考になれたらと思います。

それではどうぞっ☁

目次

エクセル×マネーフォワードME、両方使う理由

なぜ二つを使って管理しているかと言うと、

  • マネーフォワードMEでは資産全体、エクセルでは細かい数字の管理をしている
  • 二重管理で漏れを防げる

というのが理由です。

「資産全体」「細かい数字」の管理

マネーフォワードMEは銀行口座などと連携できるので、自分の資産がいくらあるのかを簡単に把握することができます。

私の場合だと、

  • 銀行口座
  • 証券口座
  • ポイント
  • お財布
  • 貯金箱
  • クレジット

など、お金に関係するものはほとんど登録しています。

口座にお給料などが入れば自動で更新してくれるので、何も手間がかからず自分の資産がわかるようになるんです。便利!

ただこれを家計簿アプリとして使うと、単純に『収支』のみしかわかりません。

こんな感じ

もちろん収支がわかれば十分ではあるんですが、さらに細かく管理したいときはちょっと物足りない……

そこでエクセルの出番。

私の場合は、「〇〇円は貯金、〇〇円は余剰金」といったように、残ったお金をより細かく管理しています。

上が貯金で、下が余剰金

旅行に行ったり買い物をする際に「余剰金の範囲で使おう」と思えるので、貯金に手をつける心配がなくなるからです。

封筒管理の方であれば、浮いた分の現金が封筒に残るかと思いますが、それが画面上でわかるような感じですね☺

二重管理で漏れを防げる

これは、単純に入力忘れが多いっていうのもあるんですが……😇

マネーフォワードMEでは、『なにで支払ったか』が入力できるようになっています。

つまり、画面上ではお財布に2,000円あることになっているのに、実際は1,900円しかなければ、100円分入力し忘れていること。

私は基本的にエクセルで毎月の管理をしているので、そうやってマネーフォワードMEと照らし合わせることで、漏れが一切なくなりました👏

「家計管理を始めるときは、1円の誤差にこだわらない方がいい!」っていうのはよく聞きますが、誤差が出るとモヤっとするタイプでして……

両方使うことによって、今ではすっかり入力漏れと縁を切りました☺

エクセルは自作。自由に作っています

高校時代に学んだ関数のうっすい知識を頼りに、ほしいと思った機能を無理やり作って、やりたい放題しています。笑

それぞれ、

赤枠

  • 収入(お給料など、事前にわかるもの)
  • 固定費
  • 投資、貯金額
  • 自由に使えるお金

の計算。

青枠

  • 支出
  • メルカリなど突発的な収入

を入力。右側の枠で集計。

黄色枠

今月の収支と、今月までの貯金額を計算。

緑枠

余剰金の計算。

となっています。

ちなみに一番右の『通勤交通費』は、交通機関を使ったり歩いたりしているので、実際にかかった金額の計算用となります。

つくだに

めっちゃ歩いてる。少しでもお金浮かせたいから。

あんまり大きな声では言えないけどね……😇笑

毎月のルーティン

それでは、毎月のルーティンについてお話ししていきます!

まずは、家計管理をするうえでのルールについてです。

  • 集計する期間は1日~末日まで
  • 手取り額の40%を、投資+貯蓄に回す
  • 40%以上残った分はプールして、推し活や株の購入に充てる

実家暮らしということで、投資+貯金に回す割合は多めにしています。

お給料日にやること

マネーフォワード上で、数字の移動

毎月25日に入ったお給料を、翌月1日~の予算としています。

これをマネーフォワードでそのままにしておくと、25日に入った分は今月の収入として計算されてしまうんですよね😭

なので、数字の移動をしておきます。

エクセルの用意

前月のデータをコピーして、今月用に作りなおします。

お給料と、税金などの確定支出があれば入力。

固定費も変動があれば、入力を忘れないようにします。

入金口座から、別の口座にお金を移動する

ここだけアナログです😭

端数分だけ残して、あとは全部下ろします。

入金口座の他に地銀と楽天の口座を持っているので、地銀は手をつけない用、楽天は引き落としや投資用としてお金を振り分けています。

振り分ける金額はだいたい、楽天銀行に10万、地銀に余った分。ここは雑です(笑)

とは言え楽天銀行は地銀に比べて金利が100倍ですから……多めに入れるようにしています😌

1日からの管理方法

月が始まれば、あとは使った分を入力していくだけ。

使ったらその場でマネーフォワードMEに入力するようにしています。(すぐ忘れるから😇)

出先でもすぐに入力できるのが、アプリの良さですよね😊

で、家に帰ったらエクセルにも入力。

ちなみにエクセルに入力すると、『1日いくら使えるか』が再計算されるようにしています。

お金を使わなければ増えるし、使えば減るし……月末までの目安になるので、意外と重宝しています。

月末にやること

いよいよ月末。確認することは3つです。

  • マネーフォワードMEとエクセルで収支が合っているか
  • いくら残せたか
  • 浪費した分はないか

特に最後の『浪費した分はないか』ですが、「消費・浪費・投資」でそれぞれ色をつけて、確認していきます。

無駄にお酒買ってたりお菓子買ってたりするのでね……翌月への反省点となります……😭笑

あとは、プールしている分が増えれば、「ヤッター!」って喜びます。

ということで

以上が私の家計簿ルーティンでした!

会計事務所で働いていたことがあるんですが、その時からデータの入力など細かい作業が好きで。

なのでこの方法に辿り着いてからは、家計簿をつけるのが本当に楽しくなりました😊

とはいえ適度に雑なので、現金管理は向いてなかったんでしょうね……(笑)

手帳を書いたりノートをまとめるのが楽しい、という方はおそらく、現金管理・手書き家計簿が向いていると思います。

ただ私の場合は、「手帳は買っても2・3か月で使わなくなる」タイプだったので(笑)

同じような方は、デジタル管理の方が向いてるかなー、と。

ただ……エクセルを使うとなると、パソコンがないとめちゃくちゃ使いにくいんですよね😭

なので、パソコンを持っていない方やエクセル自体入れていないという方は、『収支管理はマネーフォワードMEで、細かい部分は手書きで』していただくとよいかと思います👏

いずれにせよマネーフォワードMEが便利すぎるので、まだ使ってない方はぜひ!

▶▶マネーフォワードMEはこちらからチェック!

以上です!

\ ポチッとお願いします! /


シンプルライフ家計管理・貯蓄ヲタク生活


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる