【お金の不安】「これだ」という方法を、一つだけ手元に置きたいと思った

こんにちは、つくだに(@tuku__dani)と申します。

将来に対するお金の不安って、あれこれ考えたところで結局どうしようもなくない?と思ったので書き残し。

目次

将来に対する不安が大きくなった

老後資金2,000万円問題が発表されてから、その前と比べて、将来への不安が大きくなったような気がします。

というのは、周りの友人と話していても感じていて。

自分の手元を見ても、持っているのは2,000万円なんて程遠い金額。そもそもケタ違うし。

「この先何があるかわからないし、できるだけお金貯めなきゃ……」という思考に陥っていました。

でも仕事を辞めからふと、あれ?と思って。

若い世代には、時間がある

私で言えば今26の年なのですが、いわゆる老後まで、あと40年近くあります。

正直、マジで気が遠くなります。

でもその40年、資産運用し続ければ、2,000万円って意外と遠くないんじゃない……?

NISAの制度を利用して20年、その後20年ほったらかしで2,000万円は超えそう

積立NISAで毎月33,333円の満額を設定して20年、年利4%運用ができれば1,000万円を超えます。

そこから20年はほったらかし。同じく4%運用ができれば、2,000万円は余裕で超えました。

シミュレーション上の話ではありますが、でもあながち遠くないだろうなとは思っていて。

投資の場合は、コロナやリーマンショックのように暴落の可能性もあります。

ただそれでも、現金で持っているだけなら微々たる金利しかつかないし、それなら増える可能性のある投資信託をうまく使いたいなあと。

で、何が言いたいかというと

つくだに

貯金のことあれこれ考えなくても、一つ筋の通った方法で貯めておけばいいのでは……?

今までは、「お金は貯めないといけないもの」と思って生きてきました。

貯金して投資信託に回してあれしてこれして……

いつまで生きるかわからないし、できるだけ貯めておかないとと思って。

でも今ゆっくり考えてみれば、そんなに切羽詰まって貯金しなくてもいいんじゃないか?と。

生活防衛費だけ貯めたらその後は、「これ」と決めた方法だけしっかり守る。

残りは、自分のために使う。

そんなふうに、「将来の不安」に対してシビアになりすぎなくてもいいんじゃないかなって。

結局将来がどうなるかなんてわからない

備えがあるに越したことはないけど、そのために頭を悩ませるのには疲れました。

それなら将来のことを少ーしだけ考えて、「これだけやっていれば大丈夫だろう」と自分が納得できる方法を一つ手元に置いておくのが、一番楽なんじゃないかな。

で、あとはやりたいことやって生きる。旅行に行きたいなら行けばいいし、ゆるく働きたいならゆるく働く。

今の私の場合なら、「正社員から逃げてパートで働く」、かな。

そんな感じで生きていきたい。

まあ欲を言うなら、毎月3万でいいから、ベーシックインカムが導入されると嬉しいんだけどね!!!!!!

ね!!!!!!!

以上です!

\ ポチッとお願いします! /


シンプルライフ家計管理・貯蓄ヲタク生活


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる