NAVIGATORの歌詞を考察(仮)したら、心にグサッときた話

SixTONES、2ndシングル発売おめでとうございます!

待ちわびたNAVIGATOR。コロナによる延期を経て無事手元に届き、心から、本当に、嬉しいです。CDのフラゲにこんなにワクワクしたのはいつぶりだろう。

そしてなんと、初日42.3万枚というとんでもない販売数。デビュー作Imitation Rainが初日39.4万枚(公式ブログより)だったということで、2ndの方が上回るという訳のわからない現象に…

見たか、これぞteam SixTONESだ!と、涙腺が若干緩んでしまいました。

で、本日は。

ついにNAVIGATORの全貌と歌詞が解禁されたということで、歌詞について紐解いていきたいと思います。

考察と言えるほどのものではないですし、なんならこんなに歌詞をじっくり見たのは人生初なんじゃないか?と思うくらい普段は曲調を重視して音楽を聞いているので、あまり期待せずにご覧ください。

あと英語は話せないので、めっちゃ調べました。(=間違ってる可能性が70%くらい)

とりあえず一つだけ言えるのは、超楽しかったです☺

目次

NAVIGATORの歌詞について紐解いてみる

歌詞の通りに進んでいきます。

1番

“…PITCHED UP”

…到着した。

冒頭ジェシーの「PITCHED UP」。到着したってどこに?

Where do you long to be?
Wanna go now? Wanna be free?

どこに自分を置きたいの?
今進みたい?自由になりたい?

「Where do you long to be?」の「long to ~」は、「Want to~」よりも実現が難しいことを願っている状態のことを示します。

つまり「実現するのは難しいとしても、自分を置きたい場所は?」ってわざわざ聞いてると思うんですよね。進むのも、自由になるのも簡単に実行はできるけど、そこに行くのは難しい場所。※以下”そこ”とします。

Ways to go are limited.

道(方法)は限られているよ。

日常的統計 導き出す Ways down

常識的なデータから導き出したとしても、道(方法)はずいぶん減ってしまう。
(もしくは 常識的なデータから導き出すと、その道は下り坂だ。)

どちらにしても、”厳しい道のり”を示しているように思えます。

そして、日常的統計=常識的なデータ=NAVIGATORのことでしょう。

Where’s 現在地?
渋滞の真っ赤な灯りがClicks & Clicks
Turns round & round

現在地はどこ?
渋滞の真っ赤な灯りがチカチカ、ぐるぐるとまわっている

ここで初めて、この人物が車に乗っているであろうことがわかります。

で、ここの渋滞っていうのは、同じように「自分の現在地がわからなくて進めない人たちがたくさん集まっている状態」を示しているのかな?と。「どうしよう、やろうかな、でもな、」っていう思考がぐるぐるまわっている状態を表現しているのかなと思います。

余談ですけど、「真っ赤な灯り」って危機感とか焦燥感を煽られますよね。

Radars、行く手を問えば
”時期尚早だ” ”No wayだ”
”Hey,come back , back , back!”

速度検知器に”そこ”について聞くと、「時期尚早だ」「ありえない」「戻って来いよ」と言われる。

Radarsが出てくるので、この人物はおそらく車に乗っている状態で確定。で、このあとのラップで「自主最高速度制限」という言葉が出てくるように、Radars=速度検知器=NAVIGATORだと考えられます。

Chasers、行く背を追えば
疲れた迷い子のシンパシー

NAVIGATORの追跡者(NAVIGATORについていった者)の後を追えば、”そこ”に行けずに疲れ道を迷ってしまった人達と同じになってしまう。

Hey , you!
Way of the light is laying in the dark.
夜を駆けるか 夜明けに賭けるか

光の道は闇に横たわっている。
夜を駆けるのか、夜明けに賭けるのかを選べ

これね、未踏の道を進んでチャンスを掴めるか?っていうことだと思うんですよ。

夜=闇=前人未踏の道、夜明け=明るくなってきている=先駆者がいる道、どちらを行く?っていう話。

夜は前人未到だけど、光の道(限られた方法)があって。夜明けは先駆者がいるけど可能性が少ないから、「賭ける」って言葉になったんじゃないかなあと。

Drive in the dark , go way to the light.
疑えるか 見慣れたNAVIGATOR

闇の中、光への道をドライブしろよ。お前はNAVIGATORのことを疑えるか?

疑えるか?って、「お前はNAVIGATORを疑って進む覚悟があるのか?」って聞かれている気分。

NO LIMIT 無限大
可能性をゼロの先へ
NO LIMIT 無限大
未踏を進め
Doubt navigator. (NAVIGATOR…)

限界なんてない、未踏の先に可能性を作れ。NAVIGATORを疑って未踏を進め。

ここまでが一番。

こう考えると、最初にジェシーが「PITCHED UP」したのは、未踏を進んだ先の”そこ”っていうことになりますね。

2番

Where do I make a trip?
The world is limited.
前時代の統計 弾き出す dead end

どこに行こうか?世の中には限りがある。
今までのデータが弾き出したのは「行き詰まり

進んできた光の道(限られた方法)が行き詰まりましたね。

Is there 終着点?
No 燃料 小さな灯りが Clicks & Clicks
Turns round & round

そこが終着点なのか?
もう燃料がない
小さな灯り(ガソリンランプ?)がチカチカ、ぐるぐるまわっている

ここめっっっっちゃ好きです(突然の主張)

1番は出発前のことを歌っていて、2番では出発後のことを歌っているんですよ。(多分)

で、出発したはいいものの、「行き詰まって」「燃料がなくて」「希望が小さくなって(小さな灯りになって)」いるんじゃないかと。そして髙地の、

(Back back back…)

戻れ、戻ってこい、戻って来いよ…

っていう声が響いてくるという…えっ好き!!!!!!ここめっちゃ好きです!!!!!

ところで、スーパー髙地タイムめちゃめちゃよかったですね。本人ももちろんクールなんですけど、周りのダンスも非常に好きです。歌詞をちゃんと表していてかつ可愛い。

Guidance、標を請えば
”道なり” ”Never想定外”
”You may crash , crash , crash!”

ガイドに標を請えば
「道なりに進め」
「想定外なことはするな」
「このままだと失敗するぞ!

Guidance=NAVIGATORですね。

ここcrashが3つあるのは音にはめるためだとは思うんですが、「失敗するよ、やめておきなよ~(笑)」みたいな「アドバイスしてるけど馬鹿にしてる感じ」とか、「人の失敗を喜ぶ感じ」が表現されているようにも思えます。(!マークが特に強調してそうな感じ)

Leaders、その背を請えば
途切れぬ車列へのアイロニー

先導者たちの背を請えば、途切れぬ車列へ皮肉を言う

Leaders=NAVIGATORですね。

先導者の背を請うたのはいいものの、車列が途切れない=先が詰まっていて、いつ自分の番になるかがわからない皮肉、といったところでしょうか。

Hey , you!
Horn in the dark is warning to the park.
闇行かねば 道は拓けぬか

闇の中の警告音は駐車場(止まること)への警告
闇を進まないと道は拓けないのか

ここもすごい好きなんですよ…

行き詰まっても希望がなくなっても、闇の中で立ち止まってはいけない。進み続けないといけない。っていうことですよね。

Aim for the black , byway to the light.
抜け出せRoute 道なきNavigation

暗黒を目指して 光にさよならをして
ルート(道)を抜け出して 道なき航海をしよう

ついに「光の道」すらも捨てて、本当の闇=暗黒=右も左もわからない道を目指す、っていう状況になっていますね…

NO LIMIT 無限大
可能性をゼロの先へ
NO LIMIT 無限大
未踏を進め
Doubt navigator.

限界なんてない、未踏の先に可能性を作れ。NAVIGATORを疑って未踏を進め。

闇の中かすかに見えていた光の道から、ついに真っ暗闇の中へ突入する感じです。

2番やばい、めっちゃ好きです。

ラップ

NAVIGATORのラップは、個人的に「~しろよ!」みたいなイメージだったので、若干口調を荒くしてます。

No hope!

希望なんてねえ!

ここは2番ラストで希望がなくなった状態から。

抵抗なき敗走、自主最高速度制限
透明な規制線に守られたる数多の後悔

あらがうこともせずに、自分で自分の限界を決めている
自分が作り出した”どうせ無理だ”のせいでできなかったたくさんの後悔があるだろう

ここ、「守られたる」数多の後悔なのがすごいですよね…やっていたら失敗していたかもしれないけど、透明な規制線によって「やらなかった後悔」が「守られてる」んですよ…めちゃくちゃしんどい……

退きな、間抜けに黙ってればこのまま抜け出せない
当てもなく ただ吹かす この round & round

どけよ、間抜けなまま黙ってたらこのまま変わんねえぞ
当てもなくこのぐるぐる回っている思考をただ吹かしてるんだ

当てもなく、の一文はちょっと曖昧です。

”The ray is chasing for one truth”

”その一筋の光は、一つの真実を追いかけている”

“The way is waiting for lighting…”

”その道は照らすことを待っている”

ここの2文は、俯瞰っぽいかな?

How go out? 瞬間よぎる Retire
臆病風 Like a papers?
否、踏み込めなきゃ Just go around

どうやって出ていく? 考えた瞬間にリタイヤが頭をよぎる
紙のように簡単に臆病風に吹かれるのか?
いや、踏み込めないなら、ただ回り道をしながら進むだけだ

Yo guys! Yes”Go”.No ”Back alright.”

お前ら!「進め」!「大丈夫だよ、戻ろう」なんて無視しろ!

ノーブレーキ 当然 Break it.
さあそこ退け Tired

ノーブレーキで当たり前のように壊していけ
「疲れた、飽きた」はどきな

”The ray of hope will be flaming”
”道なきを誘う”

その希望の一筋の光は、燃え立つ(輝く)だろう”
”道なきを誘う”

”…PITCHED UP”

…到着した。

これ、ここの「PITCHED UP」で、今まで進んできた人が”そこ”に到着したんだと思うんですよ。光の道を追って闇から暗黒を進んできた人たちが。今回の曲で言うと、SixTONES。

で、このあとのラスサビは聞き手側に投げかけてくる感じかな?と。「俺たちは”ここ”に着いたよ。お前たちはどうすんの?」みたいな。

ラップパートで出てきた「The ray」は暗黒を進んできたSixTONESを示していて、彼らが燃え立つ(輝く)=”そこ”に着いたっていう解釈。…で、合ってるんじゃないかな~~………(急に自信なくなってきた)

ラスサビ

Hey , you !
Way of the light is laying in the dark.
夜を駆けるか 夜明けに賭けるか

光の道は闇に横たわっている。
夜を駆けるのか、夜明けに賭けるのか選びな

ここからは1番と同じですね。

2番の「闇を行かないと道は拓けないのか」と聞いた後にこれに戻るって、相当鬼ですよね。

光の道はあっても行き詰まることはわかってる。闇を進むことになるのもわかっている。けど、道を拓くには「夜を駆ける」しかなくて、「お前は最初の一歩を踏み出せるのか?」と聞かれている気分。

あと、ここまで闇を進んできたのに「夜明けに賭ける」選択肢を残すあたりが、ちゃんと自分で選べよって言われている気がする。それこそ、闇を進んで”そこ”に到着したNAVIGATOR(SixTONES)を疑えるか?って感じ。

Drive in the dark , go way to the light.
疑えるか見慣れた NAVIGATOR

闇の中、光への道をドライブしろよ。お前はNAVIGATORのことを疑えるのか?

NO LIMIT 無限大
可能性をゼロの先へ
NO LIMIT 無限大
未踏を進め
Doubt navigator.

未踏を進め
Doubt navigator.
可能性をゼロの先へ

”Unlimited… Get no scared… Unlimited…”

限界なんてない、恐れないで

あーーーーーー しんどッ!!!!!!!

簡単にまとめると

超個人的解釈なのであの…合ってるかどうかは置いておきますけど…

・1番・2番・ラップ⇒SixTONESが”そこ”にたどり着くまでの過程
・ラスサビ⇒聞き手側に問いかける

っていう構成になっていて、内容としては

誰もやったことがないことだろうと、可能性があるなら進んだ方がいい。途中でその可能性すら潰えるかもしれないけど、立ち止まらずに進み続ければいつか、たどり着くのが難しい場所へも行くことができる。進んでる途中に「やめた方がいい」「帰ってこいよ」と周りから言われることもあるだろう。でもその声を疑って、新しい道を作り出すんだ。

―さあ、NAVIGATORを疑って進めるか?

みたいなことだろうなと思いました!

おわりに

最初の方にも言ったけど、超楽しかったです。

ここまで歌詞を読みこんだのは初めてだし、見当違いのことを言ってる可能性もかなりありますが、それでも超楽しかったのでこれで良しとします。

また他の曲でもやってみたいなー。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる