せっかくだから、SixTONESへの沼落ち経緯を残しておこうと思って

SixTONESの沼落ちブログを書くよ。たいしたことは書かないよ。

「SixTONES」っていうグループに出会ったのは、彼らのデビュー1週間ほど前。Imitation Rainの宣伝であちこちの番組に出ている頃、そのうちの一つにぶち当たって衝撃を受けたのがきっかけでした。残念ながらどの番組だったかは覚えていない。

つくだに

え、これがジャニーズのデビュー曲なの?

って、思ったのが第一印象。同時デビューのSnowManはわりとキラキラした曲で「あ~、わかる」って思ったけど、SixTONESの曲は「???」って感じだった。セクゾのデビュー曲とか、キンプリのデビュー曲と比べたら、あまりにも「キラキラしてない」。ていうか暗い。バラード。え、ほんとにこれジャニーズのデビュー曲?

めちゃくちゃ気になった。で、YouTubeで調べた。

初めて聞いたときになんかビビッときたけど、改めて聞いてこれはすごいわと思った。ジャニーズ、こんなにレベル高かったんだって。楽曲そのものはもちろん、ダークトーンのMVとか、この演出に負けない彼らの存在感も単純にすごいなと思った。

後にYOSHIKIさんが作詞作曲だと知って、なるほどねってなると同時に、ジャニーズに楽曲提供するんだ…って感じた。そのことも結構な衝撃。

これは余談だけど、私はGLAYというメガバンドが好きです。で、彼らのデビュー曲「RAIN」もYOSHIKIさんの作詞作曲(細かいこと言い始めると若干違うけど)。ちょっとだけ親近感を感じたことも、SixTONESの沼にハマるきっかけになったんだろうなと、振り返ってみればそう思う。

若かりしロン毛TERU

小学~高校頃までジャニオタの道は通っていた私。ごくせんでKAT-TUNの亀梨くんにハマり、Jr.を好きな友達の影響でKis-My-Ft2の横尾さんを好きになった。だから、グループを組んでいなかった頃の彼らのことは全員既に知っていて。知らないのは、「SixTONES」というグループ名だけだった。

つくだに

なんか全員知ってるな…グループ組んでたんだ

Imitation RainのMVでお顔を拝見したときに、懐かしい面々がそろっていることに驚いた。中でも一番驚いたのは森本慎太郎くん。私の記憶はスノープリンス合唱団で止まっている。成長した彼があまりにも逞しくなっていたものだから、「え、しんちゃん!?」と普通に驚いてしまった。

B.I.Shadowのほっくーにこーちくん。NYCboysのCD買ったなあ。

京本政樹さんの息子ってことで昔驚いた京本大我くん。

ルイス・ジェシー…あれ、”ルイス”どこ行った…?

樹くんは元ハイフンからしてみれば、よく知った顔。

そんな再会だった。

少し話は遡って、実はJr.チャンネルには何回かニアミスしていた私。Snow Manの歴史はあまりよく知らないけど、Mis Snow Manは絶賛ヲタ期のときに知っていたから、ちょっと覗いたりしていた。(これは後日知るところだけど、さなピーと呼んでいた彼がいなくなっていてかつ退所していてかつ別事務所からデビューしていたことにも衝撃を受けたりした)

伊達様にウケた(ごめん)

んなもんだから、SixTONESが「JAPONICA STYLE」のMVをYouTubeにあげたことは意外と早めに知っていて。

つくだに

JAPONICASTYLEが離れなくなって困ってる…なんだよJAPONICASTYLEって…

探してみたら、2018/11/10にリア垢でつぶやいてました。アップされた5日後かい。思ってた以上に早かったな。

でも確か「JAPONICA STYLE」っていう謎ワードと、「あ、京本くんいるわ~」程度にしか当時は捉えていなかった気がする。SixTONESっていうグループ名も知らないまま、「JAPONICA STYLE」っていう謎ワードだけを知っている人になった。

まさかここにきて、そんな彼らにハマるとは。

「Imitation Rain」で彼らに再会してから、沼に沈んでいくのに時間はかからなかった。というよりむしろ、一瞬だった。なんなら知ったその日にJr.チャンネルの動画をわんさか見始めていた。(そのとき既に23時とか)

なんの動画を見たかはあんまり覚えていないけど、確かKYゲームだった気がする。

ギャップすごいな…と、思ったのが印象的。

こんなことを言ったらファンの方に申し訳ないですが、「SixTONES」と「KAT-TUN」はとても似ているなと思っていて。ぱっと見オラオラな雰囲気とか、ラップやボイパができるところとか、人数もそうだし、わりと全体的に。だからこそ元ハイフンな私がハマるのに時間はかからなかったと思うんだけど。

でもYouTube見たら、「あっこりゃあ男子学生の集まりだ」と。

んでもって、ジャニーズJr.にYouTubeという武器を持たせたことは、とてつもない英断だったなと感じた。

KAT-TUNのときもキスマイのときも、まだ私が学生だったということもあり、あまり「裏側の彼ら」に触れられなかった。例えばメイキングとか、ジャニーズウェブとか。お金がかかるような部分は軒並み。

でもそれがYouTubeっていうツールが登場することによって、その頃のヲタ活なんだったの?ってくらい、ファンとしては素に近い彼らを見ることができるようになっていて。しかも無料で。たくさん。

そんなのもう、沼への道のりを丁寧に丁寧に整えられてるとしか思えないよね?

そしてこれはSixTONESへの沼落ちを語る上で絶対に外せないところなんだけど、ファンが異常なまでに新規に対してあたたかい。ていうか「ストーンズ」ってつぶやいたもんなら、いいねやリプが飛んでくる。びっくりした。

それまでの私のジャニーズのファンに対するイメージと言えば

「新規拒否」「同担拒否」

といった、介入を許さないような界隈っていう印象だったから、SixTONESのファンの文化には本当に驚かされた。そして後に、SixTONESの歴史とファンの歴史を知って泣いた。彼らとファンの絆は、あまりにも強すぎる。

このグループは、ファンもひっくるめて好きになれる。そう思ったし、私一人がそう思うってことは他にも思うだろう人がたくさんいて、そうやって大きくなっていくグループなんだろうなと感じた。

沼に向かって歩き始めたとき、いろいろ教えてくれた方とは今でも仲良くしてもらっています。勝手ながら、とても大好きな方です。(ここで言う)

そんなあれこれがあってSixTONESのファンになるに至ったわけだけど、その中でも北斗くんを推し始めたのは単純に顔がどタイプだったから。

一般的に「クール&セクシー」なんて言われているあのお顔に、一瞬で降伏しました。国宝級イケメンランキングにランクインしちゃうのも納得のお顔。強すぎる。好きです。顔がよければ何しても許される。わかる。顔がタイプって恐ろしいね。わかる。

いやかわいすぎか?

しかし彼の恐ろしいところはここからでしたね…

何も知らずに顔と雰囲気で推しはじめ、「きっと中身もクールっぽい感じなんだろうな」と完全に決めつけていたらどっこい。誰がこんなワンコが出てくると思おうか?

グループとメンバーが好きで、彼らと話すのが好きで、見た目からは想像つかないくらいボケてふざけて、でも場を落ち着かせることもできる。YouTubeでメンバーといるときの彼を見ていたら、「クールなんだろうな」と思っていたことなんてすっかり忘れていて。

そして時期的には、10の秘密が放送されていた頃。こちらも2話から追いかけ始めたけど、何話だっけ。5話くらい?ナイフ振り回す彼の演技に衝撃を受けたり。

いろいろとギャップがすさまじすぎる。

そんなこんなで、気づいたら彼の虜になっていました。

松村北斗、恐ろしい男。

ついでに言うと、彼の歴史をちょっとのぞき見させてもらったりして。多分彼からは二度と離れられないな~なんて。そもそも小学~中学生でジャニーズ事務所に自分で履歴書を送って、返事が返ってこなくても送り続けて、ってできるその行動力に脱帽。入口のエピソードからもう大好き。

とまあそんなこんなで着々と沼に落ちていった私は、1週間後にはファンクラブとジャニーズウェブの登録を済ませ、めでたくteam SixTONESの一員になったのでした。ていうかファンの名前つけないでグループひっくるめてteam SixTONESって言っちゃうあたりほんとSixTONESってこれだから…

ファンになって半年でこんなんなんだから、ずっと応援してきてる人たちの熱量なんて比べ物にならないんだろうな。こればかりは、時間が積み上げてきたものがうらやましいね。

おわり。

追伸:見始めて4本目くらいの動画に、ズドンを選びました。

私は今何を見たんだ?ってなったのも、もはやいい思い出だね。

\ SixTONES関連の記事はこちら /

記事が見つかりませんでした。

\ ポチッとお願いします! /


シンプルライフ家計管理・貯蓄ヲタク生活


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる